【YouTube狙い目】まだ間に合うおすすめジャンル6選+α【2020年最新】

YouTube 副業

YouTube初心者「YouTubeを今から始めたいけど、もうオワコンじゃない?今から初めて儲かるの?YouTubeを始めたいけど顔出ししたくないなぁ。」

そんな疑問を解決します。

本記事の内容

  • 【結論】YouTubeは今からが本番です。
  • 今からでも戦えるジャンル【6選】
  • 今始めるのはオススメしないジャンル【+α】
  • 顔出しや声は必要??

みなさん一度はYouTubeに挑戦しようかなと考えたことがある人は多いと思います。

最近ではYouTuberのテレビ露出も増え、番組内では「毎月高級車2台は買えるくらいの収入が入ってきます。」と収益を公開していますね。

ぶっちゃけYouTuberはそのくらい稼げます。しかもブログアフィリエイトなど他の副業よりもはるかに作業量が楽です。

実際に私は大学生ですが、副業として【料理系YouTuber】を始め、登録者5万人を達成し、月に20万円ほどの広告収入がお小遣いとして入ってくるので、バイトは一切してません。

副業としてお小遣い稼ぎ目的なら、登録者5万人でも戦える世界なのです。

そこで今回は、今からYouTubeを始めたいけど迷っているという人向けに記事を作成しました。

スポンサードサーチ

【結論】YouTubeは今からが本番です。

いきなりですが言い切ります。【結論】YouTubeは今からが本番ですよ!

その理由として、5Gの導入により動画の高速ダウンロードやギガ無制限になることで、さらに動画ニーズが高まり、より沢山の人がスマホで動画を見始めます。

参考: 【ニュースしらべぇ】さん
https://sirabee.com/2017/09/19/20161286058/amp/

上記のデータからも明らかで、これからはだGoogleで検索するのではなく、InstagramやTwitterやYouTube、クラシルなどのSNSで検索する人が増えてきます。

実際に「痩せる方法」や「メイク方法」「◯◯の作り方」などは何を使って調べますか?

具体的例を出すと、料理初心者の人が誰かのためにハンバーグを作りたいとします。その人は今までならハンバーグの作り方をGoogleで検索していたでしょう。しかし5Gの時代には、おそらくYouTubeなどの動画媒体を見ながらハンバーグを作るようになります。

実際にもうすでに、YouTube上の「〜の仕方」という動画を見ながら実践する人も少なくないでしょう。

つまり【知りたいことは動画で見る時代】になるということです。今はまだ準備期間で、5Gになってから動画の時代が本格的にやってきます。

それに向けて今からYouTubeを始めることは、いわば「時代の先取り」と言えるということです。

今からでも戦えるジャンル【6選】

今からYouTubeを始めるに当たって、一つ注意があります。それは闇雲に動画を投稿しても成功できないということです。

ジャンル選別と分析は必須です。

ジャンルの選別はYouTubeや収益ツールをみて分析するのですが、少し複雑なため手間を省いてもらうために、この記事では実際にYouTubeで収入を得ている私が厳選する今からでも狙えるYouTubeの【空き枠ジャンル】を6つご紹介しますので、この6つから選ぶことをオススメします。

  1. 掃除
  2. DIY
  3. 料理
  4. ビジネス系ハウツー
  5. ペット
  6. 趣味系(バイク・車・キャンプ)

以上の6つが狙い目です。全体として【ハウツー系】の動画ジャンルだということです。

①掃除

掃除の仕方を解説した動画は実際に、【掃除 方法】などで検索するとわかるのですが、有名なチャンネルじゃないにもかかわらず、1ヶ月で100万以上回再生されているものが多いです。それだけ需要があるということですね。

もっとジャンルをしぼると、「カビ落とし専門」や「水回りの汚れ専門」などはカビを落としたいという人と共に、カビが綺麗になるのを見ていて気持ちいという人も見ます。事実として、「ゴキブリ退治」などグロ系の動画で登録者が30万人と人気のチャンネルも存在します。

ここでポイントが「ジャンルを狭くする」ということです。ジャンルを狭くすることでチャンネル登録者が伸びやすくなる傾向があります。

②DIY

DIYには完成したり、綺麗になったりなど変化後のスッキリ感がたまらなくなり、つい見てしまうという視聴者もいるため、広いターゲットを相手に狙えます。

テレビ番組として「ビフォーアフター」や「池の水全部抜く」などが人気なのもこの理由ですね。

またDIYは説明や音声が必要ないので、日本人だけでなく海外の人も見れるグローバルな映像を作ることができます。

③料理

先程説明したように、これから動画ニーズが増えるにつれて、「〜の仕方」はYouTubeを見ながら学ぶようになります。その代表が【料理】です。

【料理】を作る工程を説明しながら撮影しても良いですし、声や顔は出さずにテロップのみの動画も意外と伸びています。

またジャンルを狭くすることを考えると、高級料理のレビューや作り方ではなく、親近感のわくカップ麺アレンジなどをしてみるのもオススメですね。

④ビジネス系ハウツー

「イケハヤ大学」や「マナブ」さんのような【どうやって稼ぐか】どうやって脱サラするかなどビジネスについて解説する動画のことをさします。ビジネス系の需要が高まった理由は、SNSの普及により、ブログなど稼ぐ選択肢が増えたからでしょう。

また投資意識が高くなっていることもあげられます。今は学びを求めている時代で、50万円以上もする授業料を払ってプログラミングスクールに通う人も多いのが現状です。

⑤ペット動画

家に犬や猫などのペットを飼っている人は、ペットの日常などを撮影した動画をYouTubeに投稿することをオススメします。ペット動画は【癒し】として意外と再生回数が上がりやすいんです。

実際に【トイプードル小太郎】というチャンネルでは、愛犬の日常を撮影した動画を発信しており、登録者17万人で再生回数も50万回近く取れています。

⑥趣味系(バイク・車・キャンプ)

日常的に行う趣味の動画を上げて稼ぐYouTuberも増えてきています。中でも狙い目がバイク・車・一人キャンプなどで、趣味としてこれらを愛す人は多い中、なかなかこれらのジャンルで有名な人がまだいません。

じゃあ、成功してないの?というとそうでもなくて、ほとんどのチャンネルがある程度の再生回数を安定的に確保しているのです。

もしバイク・車・キャンプを趣味として持っているなら、ぜひ今すぐ始めるべきだと思います。

今始めるのはオススメしないジャンル【+α】

次に今から始めるにはオススメしない【たぶん伸びない】ジャンルをご紹介します。

はじめに特徴をまとめると、

  • 誰のためにもならない
  • YouTuberの真似事
  • 適当な投稿

適当なことをやって再生回数をゲットできるお遊び系の動画が伸びる時代は終わってしまい、何かを得れる・見て学べるジャンルの動画が必要とされてきている中で、何も得れない誰の得にもならない動画はもちろん伸びません。

また、メントスコーラなどYouTubeの真似事をして伸びることもありません。

YouTubeは少しの工夫で意図的に再生回数を上げることが可能です。伸びない動画はノウハウを知らず適当に投稿しているから伸びないということです。今後は再生回数を伸ばすノウハウを学びつつ動画を投稿することが必要になってきます。

つまり戦略的に活動するYouTuberが今後は成功します。

→意図的にYouTubeの再生回数を上げる方法

これらを踏まえて【今後オススメしないYouTubeジャンル】は以下の3つです。

  • 炎上系
  • やってみた系
  • ジャンルが固定されてないチャンネル

この3つのジャンルはオススメしません。理由を一つずつ解説していくと、

炎上系

今後YouTube需要が高まる中で、規制が激しくなった際に、せっかく頑張っていてもチャンネルを運営に削除(BAN)される可能性があります。

やってみた系

ヒカキンやはじめ社長を筆頭に有名で知名度のあるYouTuberの20%が「◯◯やってみた」で活躍している人たちです。なので、今から初めてその人たちと勝負するのは正直厳しいです。

ジャンルが固定されていないチャンネル

ジャンルが固定されていないチャンネルは、いわば適当に動画を投稿しているのと同じです。間違いなくチャンネル登録者は増えないので、出来るだけ狭くジャンルを固定しましょう。

ex.) 借金200万社会人のルーティン/中華料理限定チャンネル

顔出しや声は必要??

ぶっちゃけ顔出しや声出しは必要ありません。

私は顔出しも声出しもせずに動画を配信していますが、それだけでも十分収益を狙えます。

副業としてお小遣い稼ぎ程度なら不要ですが、顔出しして知名度が上がることが本業にも優位につながるという場合は、顔出しはした方がいいですね。

最後に

さて今回は今からでも伸びるYouTubeジャンルをご紹介しました。

あなたに合ったジャンルは見つかりましたか?

ジャンルが決まれば、後は行動に移すだけです。この0→1が何を始めるにも1番大変なのですが、そこを踏ん張ると楽な生活が待ってます。

頑張りましょう^_^

今後はYouTubeのはじめ方についてもまとめて行くので、ご覧いただけると嬉しいです。