【2020年最新】最強の外付けHDDのジャンル別オススメ6選 – Appleテクニック

生活術

Macbookなどノートパソコン内のストレージがいっぱいになり、外付けHDD(ハードディスク)の購入を考えている人も多いと思います。

しかし外付けHDDは種類も値段もピンキリで、割と高価なものが多いです。そのため購入を失敗したくないというのが誰もの意見でしょう。

そこで今回は実際に多くの人が使い、信用できる外部HDDをご紹介するだけでなく、実際に【耐久性・性能・コスパ】の3つの項目別に最強の商品を紹介しています。

本記事の内容

  • タイプ別の外付けHDD選び
  • 保存容量について
  • 評価別の外付けHDD【持ち運びタイプ】
  • 評価別の外付けHDD【置き型タイプ】
  • オススメしたい最強の外部HDD

この4項目で順を追ってご説明していきます。あなたの作業スタイルに合わせた外部HDDを選んでください^_^

この記事の信憑性

この記事は実際にYouTubeのための動画ファイルの保存に外部HDDを使っている経験と、Amazonや楽天ホームページ内の一般レビューに基づき、大手商品などにとらわれず、使いやすさの客観的なデータをまとめています。

購入の参考にしていただけると嬉しいです。

スポンサードサーチ

タイプ別の外付けHDD選び

まずはただ単にストレージ解消目的でこの記事に飛んできていただいた読者さんに向けて、外付けHDDのご説明を簡単にしたいと思います。

外部HDDとはその名の通り、あなたの使うパソコンにコードを使って新たにハードディスクと言われるボックス型の装置をUSBに接続するだけで、根本的なストレージ容量を上げることができるというアイテムです。

外部HDDを接続することで、写真や動画など大切なデータの保存はもちろん、パソコンシステムのバックアップ容量の確保も簡単にできます。

イメージとしては、Macbookに外部HDDを接続することで、新たにMacbookが約5台分のストレージ容量が使えるようになるのです。

Macbookの効果的なストレージ解消法としては主に、iCloudを使う方法と外付けハードディスク(HDD)を使う方法の2つがあるのですが、

長年YouTubeでの動画配信用に沢山の動画ファイルをMacbookに保存してきて、その都度ストレージ問題に悩まされていた私の実体験から言えるのは、iCloudを使っても結局意味ないということでした。

詳しくは下記の記事で説明しているので、もし読者さんの中でiCloudと迷っているという方がいるならぜひ読んでみてください。

さてここから外部HDDの説明ですが、大きく分けて2種類の商品があります。

  • 持ち運び型タイプ
  • 置き型タイプ

どちらのタイプを購入するかは、あなたのPCを使う環境によって選択してください。

持ち運び型タイプ

参考: https://www.amazon.co.jp

スマホ程度の大きさの機器をパソコンのUSBに接続するだけで、大量の書類やデータを持ち運べるのが魅力的です。

カフェなどにパソコンを持ち込んで作業する人にオススメです。

置き型タイプ

参考: https://www.amazon.co.jp

自宅やオフィスなどの決まった場所に設置して使います。

コンセントに接続する必要があるため、持ち運びすることはできませんが、その分読み込み速度が速く、大容量なものが多いです。

保存容量について

次に外部HDDの保存容量の種類も様々で1TBからのものが多いです。どの程度でどのくらいの保存が可能を記載しておきます。

5GBで保存可能な容量が、画像なら約2000枚、動画なら35分の動画程度なので

1TB=1000GBなので単純計算で、画像が約40万枚、動画が700時間保存可能になります。

評価の良い外付けHDD【持ち運びタイプ】

  • 耐久性最強: LaCie HDD ポータブルHDD
  • 性能最強: Transcend スリムポータブルHDD
  • コスパ最強: 東芝 Canvio ポータブルHDD

評価はAmazonと楽天のレビューを参考に決めています。それでは一つずつ説明していきます。

LaCie HDD ポータブルHDD

このLaCieの外部HDDはAppleのオンラインサイトでも公式で販売されていて安心できる製品です。

特徴はなんといっても、1.2mから落としても壊れない落下耐性や1トンのトラックが乗っても潰れない衝撃耐性、雨など生活用水に濡れても大丈夫な防水耐性が備わっていることです。

またよくある外部HDDの欠点として、動作音がうるさいというのがあるのですが、このLaCieの外部HDDは動作音も静かで気にならないレベルです。

早速ですが、最強の外部HDDと言い切れます。

Transcend スリムポータブルHDD

性能部門で最強なのが、Transcend スリムポータブルHDDです。USBでの接続が可能で、USB3.1インターフェイスによるデータ転送が超高速で行えることが利点です。また本体にバックアップボタンがあり、そのボタンをワンタッチで簡単にデータのバックアップが取れるのも魅力的です。

またこの製品も米軍による耐久テストに合格しているので、耐久性にも問題はなさそうです。

世界的に有名なトランセンド社製で、3年間の保証がついているのも嬉しいですね。

東芝 Canvio ポータブルHDD

コスパ最強の外部HDDに選ばれたのは、安心の日本企業、東芝のCanvio外部HDDです。性能も、データ転送の速さ、騒音も気にならず、耐久性も問題のない平均的な良い外部HDDという感じです。

こんなに安定に動いて、価格も安いので、初めての外部HDDの購入を考えているならこの商品から試してみるのもいいかもしれません。

評価別の外付けHDD【置き型タイプ】

  • 耐久性最強: WD Elements 外付けHDD
  • 性能最強: BUFFALOのHD-AD4U3
  • コスパ最強: BUFFALOのHD-AD4U3

今回も評価基準はAmazonと楽天のレビューです。BUFFALOの外部HDDが優秀みたいですね。それでは見ていきましょう。

WD Elements 外付けHDD

耐久性が高く評判が良い製品は、Western Digital社の外付けHDDです。

信頼性の高い大容量の外付けHDDで、USB3.0および2.0の両方対応可能なので、凡庸性の高い接続が可能です。しかもウェスタンデジタルの保証が2年間ついてくるので安心ですね。

BUFFALOのHD-AD4U3

性能・コスパ共に最強に選ばれたのはBUFFALOの外部HDD (HD-AD4U3)です。この商品はAmazonショッピング限定の商品ですが、サイト内でもベストセラー1位を獲得しており、置き型外部HDDの中でダントツで評価が高いです。

性能は高速データ転送が可能で、サイズは業界最小のコンパクトさで、緻密な静音設計により動作音もほとんどしません。

また「みまもり合図」という機能があり、アプリをパソコンにインストールしておけば、そのノートパソコンに接続するだけで、今のHDDの状態が確認できるため、故障の予測が可能です。また、万が一故障して動かなくなっても、バッファローのデータ修復サービスが対応してくれるので安心です。

オススメしたい最強の外部HDD

最後に実際に私がYouTube用の動画保存に2年間問題なく使っている外部HDDを発表します。

それは、【LaCie HDD ポータブルHDD】です。

先程も紹介しましたが、本当に外部HDDは衝撃に弱いものが多いんです。私は普段から近くのカフェで作業することが多いのですが、そこの机が小さいせいかよく外部HDDを落としちゃうんです(^^;;

以前に使っていた商品は、この落下によりデータが破損してしまった経験があります。(重要データを入れてなかったので助かりましたが…)もしそこに重要な書類データや写真などを入れていたら、全ロスするところでした。

しかしLaCieのポータブルHDDは内部データも含め未だに無傷です。

なので今もずっと愛用していますし、これからも使い続けると思います。

そしてこれは個人的な感想なのですが、オレンジのふちがカッコいいのも愛用する理由の一つです(笑)

以上で外部HDDの紹介を終わります。

ここまで読んでいただきありがとうございました。少しでもお役に立てていれば幸いです。